FrontPage

「日本には、統制経済の亜流がまだ残っていて、資本自由化をやると日本の経済が外国資本に占領されてしまう、といった考えが底流しているようだが、ぼくにいわせればとんでもないことなんだ。(略)うちの会社などは、いま五百億円の借金がある。(略)外国の安いカネをどんどん 入れ、仕事をさかんにしなければならない、と思う。そして、広くて立派な道をどしどしつくることだ。ぼくも晩年の事業を道路の改良に尽くし、自分の観光事業の終着駅にしたい」

堤康次郎


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-21 (日) 14:20:07